2018年10月13日

アーケード筐体風工作の巻

TGS進行も一段落したので長期休暇を取得したので(と言っても4日だけ)、アーケード筐体っぽいものを作成してみました。
作ろうと思ったきっかけはARCADE1UPという製品がリリースされたことです。
https://www.taito.co.jp/arcade1up

「確かに見た目はかっこいいが、汎用性に欠けるなぁ。これで税込み6万超えだとちょっと・・・」
「だったら自分で作ってみればよいのでは!?(ピコーン)」
という感じでした。

早速Lightwaveでモデルを制作してみました(CADじゃないのかというツッコミは無しの方向で)
WS000042.JPG

やはりこういう形状が落ち着くというか、まんまアストロシティじゃねーか!w
アーケード筐体の自作をされている方が何人かいらっしゃいまして、その記事を見たりするとやはりコンパクトなデザインが多いですね。私もその方向性で考えていたのですが、出来上がってみたらアストロシティとほぼ同サイズとなってしまいましたw

まあいいか、と思いつつ部材の調達をしました。
・モニター(21インチゲーミングモニタ/VESAマウント対応)
・回転できるVESAマウンタ
・USB自動切り替え器
・HDMI自動切り替え器
・ジョイスティック
・木材各種

コンセプトとして各種ゲーム機を接続差し替え無しでシームレスにプレイできるようにしようと考えました。
家にいくつかゲーム機が転がっているのですが、プレイするまでのハードルが多いせいかなかなか起動にすらたどり着かないことが多く、またケーブルやコントローラーがあふれかえる状態だったので一つの筐体に全てを収めてしまおうという考えです。とにかくスッキリさせたいという。
今回購入したMAYFLASHのF500というジョイスティックが優秀で、1台でXINPUT、DINPUT、PS3、PS4、XBOX360、XBOX ONE、Switch、ネオジオミニに対応できるものです。これでUSB入力系のものはすべてまかなえます。

木材を調達(全部ジョイフル本田)
IMG_7458.JPG

カットして
IMG_7459.JPG

組み立てます
IMG_7460.JPG
IMG_7461.JPG
IMG_7462.JPG
IMG_7463.JPG

完成しました(工作自体は3日で完了)
IMG_7475.JPG

木材ならではの精度の低さはありますが、やり直しがしやすいこともあり、割とサクサク作れました。
全体的にデカイので重さは結構ありますが、本物のアストロやブラストに比べるとかなり軽いです。
(高さ1420mm x 幅720mm x 奥行600mm)


以下構成です。

取外し可能な枠が前面についています。
正直なところこれは無くても良いのですが(反射するのでむしろ無いほうが見やすいww)あったほうが雰囲気が出るのと、ホコリが内部に入りにくいという利点があります。
DS7_5434.JPG

回転式のマウントを使用しているので、縦画面対応のゲームも簡単に縦でプレイできます。
(PS4のアケアカが縦画面設定を記憶できないというトンマ仕様なのが痛すぎるw)
最初はこだわりで斜めにモニタを取り付けてみたのですが、やはり液晶の宿命で上の方がコントラストが落ちてしまい正常に見えなくなってしまいました。ですので現在は垂直に取り付けています。
(なぜゲーセンの液晶筐体がみんな垂直なのかわかった)
DS7_5438.JPG
ジョイスティック置き場は高さ600mmの位置で制作してあり、RAPなどの一般的なジョイスティックを置くとちょうどアストロシティ等と同じ高さになります。F500なら横に2台並べることが出来ます。
DS7_5439.JPG


下部です。
DS7_5443.JPG
今の所、PS4、PS3、XBOX360、Switch、ネオジオミニが入っています。(PS3は未接続)
簡単に開閉でき、電源のON/OFF、メディアの入れ替えが可能です。
ゲーミングノートPCが天井に設置されており、Steamや各種エミュレータゲームもこちらでプレイ可能です。
(PS2はコントローラ入力がどうにもならなかったのでエミュるしかなかった)

裏です。
DS7_5444.JPG
プラダン(プラスチック製のダンボール板)で全面を覆っています。
ベルクロで固定されているので簡単に開閉でき、メンテナンスが楽に出来ます。


スピーカー部です。
DS7_5445.JPG
安物のスピーカーを設置しています。
筐体の中に設置しているので、ゲーセンっぽいこもった音がいい感じです。
入力はモニターから取っていて、モニターはHDMI(またはDP)から入力された音声を出力します。
ですので音声も自動切り替えとなっています。音量調整が出来るように前面に音量調整つまみを延長しています。

オマケです。
DS7_5446.JPG
このようにハンドルコントローラーも簡単に取付可能です。

総額ですが、45000円くらいです(モニター、ジョイスティックも込みで)。
もちろん作業費は含まれませんw
posted by iworks2013 at 17:23| Comment(0) | 雑談

2015年05月15日

近況

建築ブログの方はわりと更新しているのですが、こっちは全然更新しておらんかった。反省しよう。
ということで、久々のエントリーとなりますが近況はトップページにある通りでして意外と忙しい感じです。
特にUrbanCoasterが予想外の展開をしており手妻師の藤山晃太郎さんとコラボしたりと、今後どのような事が起こるのか予測不能な感じです。でも、たぶん面白い事やります。

VRの方がおもったより活発になってきた事もあり、スマホアプリの開発が止まってます。良くないですね。ネタはあるのですが、忙しいというよりモチベーションの問題かと思います。ひとまず新居が完成したら何か着手したいと思ってます。そういえばAppleDevの更新がおもいっきり値上げしててワロタw

Unity5はぼちぼち触ってますが、まだ謎の不具合が多いのでメインにするにはキツイ印象です。Unity4はさすがに安定性が高くなかなか手放せないです。UE4は・・・全然触れてません。コマッタモンダ。
posted by iworks2013 at 00:00| Comment(0) | 雑談

2014年07月07日

祝1周年

iWorksプロジェクトは2014年7月1日で1周年を迎えました。
実際のところWebを立ち上げたのが6/1だったので13ヶ月ですが、アプリ第1弾の流れ作業が出たのが7/1くらいなのでちょうど年の中間ということもありそこを創設日としました。
仕事の片手間にやっているので、あまり色々出来てはいないのですがiOSアプリを幾つかリリースし、Oculusアプリも少しですが開発しかつOcufesにJoin出来たことは非常に有意義でありました。
特にOcufes関係の人達は良い意味で変わった人が多かったのでとても好影響を受けていると思いますw
また事業化出来ていないにもかかわらず、幾つかの企業様にも声をかけて頂くことができました。フットワークがあまり良くないので歯がゆいところですが、今後もよろしくお願い致します。

せっかくの1周年ですので、iOSアプリの成績を掲載いたします。
名前/DL数/収入 の順で記載しています。
流れ作業 12100DL 40K
アスレチックボール 391000DL 2060K
ベビーボールズ 3110DL 0
3D野球盤DX 183000DL 1820K
進撃の茨城 1540DL 23K
沈没作戦ゲーム 2370DL 7K
BrainWalls 3220DL 20K
耳かきがしたい 20000DL 40K

思いがけず60万ダウンロード、売上400万超えておりましたね。しっかり納税させていただきました。
まさか最初の1年でこれだけの数字を出すとは思っていませんでした。
おそらくこれから1年はダダ下がりしそうですww

今後も出来る限りペースを落とさずにやっていきたいと思います。

posted by iworks2013 at 23:59| Comment(1) | 雑談