2016年07月25日

[JOYPOLIS]ZERO LATENCY VRに行ってきたよ

こんにちは。生きてます。

http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/
かねてより話題となっていたZERO LATENCY VRを7/24に体験してきました。
すでに色々なところにレビューが有りますのでご参考ください。

日本版も今週末サービス開始のZero Latency、本場で体験するとこんな感じ
ジョイポリスの6人同時VRゾンビシューター「ZERO LATENCY VR」体験ガイド&レポート

開発者視点から感想を。

まず言いたいこと

「レイテンシーはありまぁす!」
www

ゼロはありえないとは思っていましたが、むしろMAX LATENCYと言っても良いのではと言うレベルのレイテンシーでした。DK1よりも遅延があると言って良いと思います。
バックパックPC+ポジショントラッキング+無線LAN+サーバーの組み合わせを考えると致し方ないと言う感じでしょうか?
幸か不幸か我々は既にHTC VIVEのルームスケールを体験しています。ルームスケールは凄いと言う事を改めて認識します。ZERO LANTENCYは首振りに対しての追従が驚くほど遅いので余計に空間認識が難しく、また実際のスケールと映像のスケールに差異を感じます。なので頭が慣れてくるまでかなりの酔いを感じました。
水族館の大型水槽の近くで移動しながら見てると気持ち悪くなる感覚に近いです。

部屋自体はそれなりの広さがあり、10m x 10mぐらいはあるかな〜と言う印象。
中央に柱がありそこがプレイフィールドの中心となります。
実際にプレイすると移動できる範囲は5m x 5mぐらいだと思われ、そこに近づくとVIVE等と同じ境界線が表示され、警告されます。この移動範囲ではVIVEとそんなに変わらんなと。もちろんケーブルレスなのでそこは快適なのですがまた個人的な問題があり、無意識にケーブルの存在を考えてしまい行動が地味になるという現象がありましたw

コンテンツはゾンビが部屋に押し寄せてくるので、銃で倒しまくるというよくある内容です。グラフィックレベルはVRとしては十分だと感じました。ただ、レベルデザインに問題を感じました。
四方からゾンビが出てくるのですが、一旦ゾンビが出てくるところで打ち始めるとひたすらゾンビが出てくるので、そこから移動する理由付けを失ってしまいます。これではフリーロームの良さが生かせないと感じました。結局ほとんど移動すること無くひたすら打ち続けていたらチームトップの成績を取ってしまいましたw(オープンからの累計総合でも3位w)

もちろん点数を取るのが目的のゲームではないかもしれないですが、もう少し共闘を演出するコンテンツにするべきなのは間違いないです。せめて巨大なボスキャラを全員で倒すぐらいのイベントは必要でしょう。

もう一つ、FPSコンテンツとして致命的と感じたのは敵を倒した時の爽快感の少なさです。
弾丸が的に命中しているかどうかがわかりにくく、ゾンビに弾丸が命中した時の欠損表現がすべてオミットされていて本当に効いているのかどうかが認識できません。これはなんとかして欲しいです。

プレーヤー同士が接近するとオペレーターが、ゲームを一時停止し音声で距離を離すようにと言う指示をします。これも没入感をそぐ運用です。頂けないです。何かもう少し良い方法がありそうな気がしますが。

全体的な面白さはもちろんありますが、アラが多いのでその辺りが気になる人はもう少し技術レベルが進化してから行っても良いのではと思いました。

以上、ダメ出しレビューでした。




posted by iworks2013 at 00:00| Comment(0) | 日記

2015年01月05日

明けました(2015)

明けまして仕事初めです。
先月UnityCoaster2のG-Tuneバージョンをリリースしました。
G-TuneGarageでも近日中に展示していただけそうです。

昨年は出来る限り色々作るようにしてきましたが、今年も基本的には作ります。

目標としてUE4を使えるようにしたいというのがあります。
ちまちま触ってはいるのですが、かなりUnityとは勝手が違うのと、LightWaveのモデルデータを正しく表示できないという致命的な問題があるので別のモデリングソフトを先に覚える必要がありそうです。
Unity5はすでにライセンスを購入済みですが、正式にリリースされる気配がないのとリリースされたところでUE4の表現力に追いつくのは難しいと見ています。なので両方使えるようにするのがベストではないかと考えているわけです。

今年中にOculusRiftのCV1が出る可能性が高く、それまでにはUE4を使えるようになりたいと思います。

posted by iworks2013 at 00:00| Comment(0) | 日記

2013年09月27日

NeverWetを使ってみた

今回は開発には関係ない話。

昨年からかなりの話題になっていた超撥水スプレーのNeverWetを購入しました。


ヤフオクで仕入れたのですが、今はAmazonのマケプレとかでも買えるっぽいです。

動画などを見るかぎり魔法のスプレーに見えますが、騙されてはいけません。
私はこの商品を早くも今年のガッカリ商品大賞にノミネートします。

撥水性は確かにすごいんです。
しかしそれ以外のマイナス点が半端じゃないw


1.塗料レベルのコーティング

スプレーをすると薄い被膜が対象物に付着します。
これはラバーのような特性があり、手で引っ張るとびょーんと伸びて剥がすことが出来ます。
そういうコーティングです。これまでの撥水剤とは全く違います。
ですので透過性はゼロに近いとお考えください。かなり白くなります。ガラスなんて全く使えません。
また塗装面はサンドペーパーに近い手触りとなりますので、手で触れるような部分には使えないと言っていいでしょう。


2.石鹸や油に非常に弱い

実験でキッチンのシンクにコーティングしました。確かに水を流すだけなら問題無さそうです。
しかしながら洗剤を含んだ水を流した途端に全く撥水性がなくなりましたw
オリーブオイルを付着させた部分もそのまま撥水しなくなりました。
このような界面活性剤を使う部分で使用できなければかなり用途が限られると思われます。


3.耐久性に難あり

石鹸を使わない部分ということで、洋式トイレタンク上部にある手洗い部分の水受けにコーティングしてみました。
水が玉のように弾けて相当な撥水性を発揮しましたが、2週間ぐらいすると水分が表面に残るようになってきました。
理由は何故なのかわかりませんが、おそらく表面上にホコリやチリ等の不純物が堆積した為ではないかと考えられます。
しかし前述したように表面はサンドペーパー状になっていますので、掃除もできません。
このような耐久性では野外で使ってもほとんど効果が持続しないのではないでしょうか。

ということでこのスプレーは出落ちと言って過言ではないクオリティでした。
商品化しただけでもすごいと思いますが、リピーターは現れないのではないかと思いますw


-------------------------------------------------------------
<アメリカAmazon.comレビュー抜粋>
「TERRIBLE RESULT」ベッキーウルフ
私の靴が白い塗料を噴霧したように見えます。
GREY OR WHITE以外には使用しないでください。

「私のブーツを台無し」ジュリーアン柳沢
金属の着色によって私の素敵なレザーブーツを台無しにした。
革に使用すべきではないし、それを買うことをお勧めしません。

「誇大広告としてよくない」ヨルダンオースティン
私はみんなと同じようにビデオを見ました。
私は二つの考えがあった。1:トイレシート 2:猫砂ボックス。
だから私は手順に従い複数のコートや、すべてをまったく同じようにそれをやった。
それは少しスモーキーでかすんだ外観です。テクスチャはサンドペーパー。
テクスチャがあまりにもラフだったので、私は便座をあきらめた。

「動作しません」andyhah
製品には同様の広告が明示するように水をはじくことはありません。

「ジャンク」T.モールス"回復処理男"
お金と変色の無駄です

「虚偽広告」ジャミソン
私はこの製品の大きな期待を持っていたが、完全に失望した。
多くの人々は"短時間だけ"または"素晴らしいが、一時的な"という評価で3-4の星を与えている。

何よりもまず、バイラル動画広告は、この製品ではfalseです。
あなたがお使いの携帯電話など電子機器にも使用できると、製品パッケージに示しています。
しかし使用できるようなものではない。
シャワーの窓の下枠でこれを使用してみた。 製品が最初のシャワー中​​に効果を消失しました。
問題は保護仕上げ第二段階のスプレーです。 NeverWetに石鹸または任意の化学製品が接触したから?
この項目は説明書に「"撥水"仕上げを破壊しますので、その場合にはNeverWetを使用しないでください」
と記載されていた。
アドバタイズされたようにトイレブラシで使ってみた。 しかしNeverWetをこするとNeverWetを削除します。
NeverWetための便利なアプリケーションを考えることができれば私に知らせてください。

「その白いペンキ」シナボンシンディ
私は超慎重だったと今でも思っているが、ホットタブカバーを台無しにした。
最初のコートはうまくいったしすべてが大丈夫だった。
第二コートは白いペンキのようなものです!!

「誇大広告を信じてはいけない」サムクラーク
これは、デモビデオで良く見えるそれらの製品の一つである。
衣服には長く効果は続かないだろう。 任意の摩擦で剥離を開始します。

「間違い」ポーリン
私は買ったことをなかった事にしたい! これはアイテムを台無しに!
無駄遣いしてはいけないよ。 これは動作しません!
評価するための星を入れなければならないので、星1つを入れたのです。本当はゼロ。

「NEVERMIND」bbtx
この製品は、水をはじくかもしれませんが、それは間違いなくあなたの靴の外観を台無しにします。
犠牲にするほどの価値はありません。 私の夫は私の新しいハイキングブーツにこれを散布。
む〜! 色が完全に変更された。私の靴は台無しにされています! それを使用しないでください!!!
-------------------------------------------------------------

色々な意味でワロタww
posted by iworks2013 at 00:00| Comment(2) | 日記