2013年12月20日

UnityCoasterの登場です

UC.jpg
ダウンロードページ

常々思っていましたが、Oculusを初体験させるときに使用されるソフトは何なのかと考えた場合、鉄板が「Rift Coaster」というUDKで制作されたソフトでした。
これは木製のローラーコースターに乗ってお城の周辺を駆け巡るソフトですが、わかりやすいと言うこともあって非常にウケがいいようです。世界的に広まっています。YoutubeのOculus動画にも登場回数が多いと思います。

しかしこのソフトはWindows専用と言うこともあり、Macで使いたければBootCamp必須ということになってしまいます。
この状況を打破したいと考えて開発されたのが、このUnityCoasterです。

企画発案から約5日で完成しました。この短期間で開発出来たのはAssetStoreの力によるものです。モデリングはほとんどしていません。
自作したのはコースターの動きやサウンドが主です。モデリングは星のチューブと看板ぐらいでしょうか。
苦労したのがやはりコースターのモーションです。初めはiTweenを使ってみたのですが、パスにそって動かすことは出来ても速度の調整が効かないという致命的な弱点があり、廃案となりましたw
作成したiTween用のパスをそのまま流用してさらに動きをスムーズにしつつ速度を制御するという難題をどのようにクリアするか?

実装としては以下の通りです。
・複数のVector3を使用してスプラインで2点間を補完して新たなVector3郡を作成。これで240のパスが1500のパスに拡張される。
・速度が一定になるように、オブジェクトをLookAtで目的地に向かわせ、Translateを使って移動。
・スムーズな方向転換になるように、Leapを使用して向きを転換する。(2点間の位置をパーセンテージで取得してLeapに投げる)

まだ問題はありますが、これでひとまず動きました。
今後は新たな仕掛けを追加したり、動きをさらにスムーズに出来ればと考えています。

posted by iworks2013 at 00:01| Comment(1) | oculus
この記事へのコメント
Google Cardboardで試したいのでAndroidアプリで出していただけませんか。
Posted by Akiller at 2014年07月02日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: