2013年08月22日

アプリ第4弾リリース

やっとのことで昨日アプリ第4弾である「3D野球盤DX」がリリースされました。
見たまんまですが、野球盤をそのままアプリにしたものです。
意外にも野球盤のアプリが無かったのでニッチ狙いで作ってみました。
メインの部分は約1週間の突貫工事で作成しました。

今回は練習と今後のためになると思い、アプリ内課金をやってみました。
単なる広告消去で、価格は250円にしました。たぶん買う人は居なさそうですw
アプリ内課金の処理はUnityには内蔵されていないので、自作ということになりますがアセットストアにPrime31シリーズのストアキットアセットがあったのでそれを使用しました。
このアセットの説明がまたわかりにくく、サンプルコードを見ても何がどれなのか理解するのに苦労しました。そして1度リジェクトされたのもこの課金処理が原因です。
リジェクト理由が「リストアが無い」というもの。あるわボケww Appleの審査員はカタカナが読めなかったらしいw
それ以外にも課金項目をWaiting for reviewにしていなかったと言うオチもありました。
Prime31の実装手順や説明に関しては後ほどブログで詳細に説明したいと思います。

で、アプリ内容ですが思ったより苦労しました。
最初は「ボールを棒で打って穴に入れるだけだろ、楽勝ww」とか考えていましたが、申し訳ありませんという感じです。
球種の判定やら、塁進の処理、スコアボードの表示から、球場の穴の作り方まで苦労が絶えませんでしたw
あとは文字表示の種類が半端なく多いです。ちゃんとした野球ゲームを作成している方は本当にすごいです。

コンセプトは「シンプル」ですので、過剰な演出は無いのです。
実在の野球盤をコピーしているわけではなく、オリジナルの野球盤になっています。
ところどころでエ◯ック社の製品を参考にしています。
やはり作っていると、声を入れたくなったり、スーパー変化球とか、ハイパーバットとか、ホームランで花火とかやりたくなるものですが、これはあくまで玩具をシミュレートしているものなのでそういった演出は無しにしています。
それでもゲームの進行上必要なカウント処理やスコア計算、塁進などは自動になっています。
これらをユーザーが自らセットするとなるとゲームとしては破綻しますのでw
あと地味な機能として、スコアボードに付いている時計は実際の時刻を表示していますw

ボールの動きが怪しい部分がありますが、あれはUnityの限界と言うやつです。
ボードの表面に穴が空いているので、単純な1つのコライダーでは再現できずBOXColliderを複数組み合わせています。
全て完全に同じY座標になっているコライダーですがやはり境目で挙動が怪しくなるというやつです。
実際の野球盤も怪しい動きをしていたので、それはそれでアリかなと思ってます。

IMG_0053.PNG
posted by iworks2013 at 00:48| Comment(0) | App
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: