2015年12月11日

Unityで人生を多少変える方法

このエントリはUnity 2 Advent Calendar 2015の12/11分の記事です。

たいそうなタイトルですが、自分がUnityを使い始めて、何を作ってどれくらい状況が変わったかを書いてみます。技術エントリがほぼ100%の中、申し訳ありませんw

1.Unityとの出会い
元々ゲームエンジンといえばUnrealEngineとMT FrameWorkくらいしか知らなかったのです。UDK3は触ってみましたがほぼ意味不明だったので完全放置でした。
しかしながら仕事で使用していた3D系のシミュレータがあまりにもひどすぎて、何か代替案を立てる必要に迫られていました。これが2012年の11月です。ちょうどUnity4がリリースされるのと同時期でした。
つまり必要に迫られてしかたなく使い始めたと言う状況ですw
これで少し人生の方向が変わり始めた。

2.iOSアプリを作りはじめる
前々からiOSアプリを作って儲けたい!と思っていたのですが、Objective-Cが壊滅的に覚えられずw半ば諦めかけていました。しかしUnityでiOSアプリを開発できると言うことであればこれはやるしかないとなるわけです。これが2013年の4月頃です。
退路を断つべく、Unity4Pro+iOSProを購入。たぶん30万を超えたはずですw
この金額を1年ぐらいでペイ出来ればいいかなくらいの感覚でした。
ところが第二弾のアプリでいきなりヒットしてしまい、ペイどころか投資額を遥かに超える収益を得てしまいましたw
さきほど集計したところ、これまでのアプリ収益が約8M円くらいでした。
これは普通に会社で働いていては難しい金額だと思います。動いて正解でした。
今年はVR系も含めると会社の年収を超えてしまいました。税金怖い。
iWorksは個人事業主として登録しています。これで結構人生の方向が変わり始めた。

3.OculusRift&Ocufesとの出会い
Unityの情報を追いかけているうちに、OculusRiftなるデバイスを知ることになります。
最初に知ったのはテラシュールブログさんだったと記憶しています。
この記事Oculus Riftを体験してきたですね。
「なにこれすごい」
早速購入しようと思ったのですが、当時情弱でしたのでKickStarterもOculusVRオフィシャルもしらずにゲッコーに注文するという愚策を行いましたが、結果色々と面白かったのでこれはこれで良かったですww
その後幾つかテスト的にVRアプリを作ったりして、2013年末にUnityCoasterを制作しました。
これを見た桜花一門さんとGOROmanさんに声をかけてもらい、2014年1月のOcufesに出展しました。
DK2の発売を契機にUnityCoaster2-UrbanCoaster-を製作。DK2用のコースターアプリ不在の状況でしたので、想像以上の反響があり、多数のメディアにも取り扱って頂きました。特にメディアに関しては桜花さん経由での登場が多く、この場で御礼申し上げます。

実績としては・・・
<テレビ>
ズームインサタデー、news every、ガンミ!!、教訓のススメ、トーキョーライブ22時、嵐にしやがれ、世界番付など(他にもあるかもしれないが把握できてません)
<展示>
G-TuneGarage、Ocufes、DCEXPO、VRクリエイティブアワード、Unite2015TOKYO、ニコニコ超会議ほか
<記事>
インプレス窓の杜、Avex、ねとらぼ、Ocu嫁本など

特に個人のVRアプリケーションとしては最多のTV登場ではないかと思います。
TVなんか見ねえよ!って人にはピンとこないですねw
展示やメディアに多く出るようになったきっかけが、手妻師こと藤山晃太郎さん率いるTeam Hashilusとのコラボレーションである「UrbanCoaster HARDMODE」の存在が非常に大きいです。
これを機にTeam Hashilusとの連携を強めた結果、Team Hashilusの法人化立ち上げに関わることになり(株)ハシラスの執行役員となりました。今後共よろしくお願いいたします。
会社員、個人事業主、会社役員の3足のわらじ生活になりますw
これで相当人生の方向が変わり始めたw

4.Unityで家を建てた
当サイトのコンテンツの一つにUnityで家を建てるというのがあるのですが、こちらはなんとか完成しまして今年の9月から住み始めています。
この企画の画期的なところはいくつかあるのですが、まず自分でモデリングから始めて設計を行っていると言うのがあります。必要に迫られてモデリングを習得していますがここで役に立つとはと言う感じです。おかげでメーカーにはかなりの精度で注文が出来たと思います。次にOculusを使った広さなどの確認が出来たこと。これも個人住宅でここまでやった事例は世界中でもほぼ無いのではと思います。
Unityを使った日照シミュレーション、家具配置シミュレーション、コンセント配置シミュレーション、家事動線シミュレーション等多岐にわたりますがこれらを徹底的に行うことで、建築後の反省点がほぼ無いという建物になりました。家は3回建てないと納得したものが出来ないという話ですが、私はVRで10回以上家を建てているのでここまで出来たのだろうと考えています。
もう一つ、Unityを使って稼いだ収益も家を建てるのに役立っています。Unityマジ有能。

ということで、Unityと出会ってからヤバイくらい人生が好転しています。
躊躇している人も今すぐ使いましょう!w

<宣伝>
UnityCoasterトリロジーの最終作、「UnityCoaster3-NatureCoaster-」を公開しました。
WS000009.JPG
ダウンロード

明日12/12のUnity 2 Advent Calendar 2015はNayuki Toruさんの「知る人ぞ知るネイティブオーディオプラグインについて」です。これは興味深いですね!


posted by iworks2013 at 00:00| Comment(0) | Unity
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: