2016年07月25日

[JOYPOLIS]ZERO LATENCY VRに行ってきたよ

こんにちは。生きてます。

http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/
かねてより話題となっていたZERO LATENCY VRを7/24に体験してきました。
すでに色々なところにレビューが有りますのでご参考ください。

日本版も今週末サービス開始のZero Latency、本場で体験するとこんな感じ
ジョイポリスの6人同時VRゾンビシューター「ZERO LATENCY VR」体験ガイド&レポート

開発者視点から感想を。

まず言いたいこと

「レイテンシーはありまぁす!」
www

ゼロはありえないとは思っていましたが、むしろMAX LATENCYと言っても良いのではと言うレベルのレイテンシーでした。DK1よりも遅延があると言って良いと思います。
バックパックPC+ポジショントラッキング+無線LAN+サーバーの組み合わせを考えると致し方ないと言う感じでしょうか?
幸か不幸か我々は既にHTC VIVEのルームスケールを体験しています。ルームスケールは凄いと言う事を改めて認識します。ZERO LANTENCYは首振りに対しての追従が驚くほど遅いので余計に空間認識が難しく、また実際のスケールと映像のスケールに差異を感じます。なので頭が慣れてくるまでかなりの酔いを感じました。
水族館の大型水槽の近くで移動しながら見てると気持ち悪くなる感覚に近いです。

部屋自体はそれなりの広さがあり、10m x 10mぐらいはあるかな〜と言う印象。
中央に柱がありそこがプレイフィールドの中心となります。
実際にプレイすると移動できる範囲は5m x 5mぐらいだと思われ、そこに近づくとVIVE等と同じ境界線が表示され、警告されます。この移動範囲ではVIVEとそんなに変わらんなと。もちろんケーブルレスなのでそこは快適なのですがまた個人的な問題があり、無意識にケーブルの存在を考えてしまい行動が地味になるという現象がありましたw

コンテンツはゾンビが部屋に押し寄せてくるので、銃で倒しまくるというよくある内容です。グラフィックレベルはVRとしては十分だと感じました。ただ、レベルデザインに問題を感じました。
四方からゾンビが出てくるのですが、一旦ゾンビが出てくるところで打ち始めるとひたすらゾンビが出てくるので、そこから移動する理由付けを失ってしまいます。これではフリーロームの良さが生かせないと感じました。結局ほとんど移動すること無くひたすら打ち続けていたらチームトップの成績を取ってしまいましたw(オープンからの累計総合でも3位w)

もちろん点数を取るのが目的のゲームではないかもしれないですが、もう少し共闘を演出するコンテンツにするべきなのは間違いないです。せめて巨大なボスキャラを全員で倒すぐらいのイベントは必要でしょう。

もう一つ、FPSコンテンツとして致命的と感じたのは敵を倒した時の爽快感の少なさです。
弾丸が的に命中しているかどうかがわかりにくく、ゾンビに弾丸が命中した時の欠損表現がすべてオミットされていて本当に効いているのかどうかが認識できません。これはなんとかして欲しいです。

プレーヤー同士が接近するとオペレーターが、ゲームを一時停止し音声で距離を離すようにと言う指示をします。これも没入感をそぐ運用です。頂けないです。何かもう少し良い方法がありそうな気がしますが。

全体的な面白さはもちろんありますが、アラが多いのでその辺りが気になる人はもう少し技術レベルが進化してから行っても良いのではと思いました。

以上、ダメ出しレビューでした。




posted by iworks2013 at 00:00| Comment(0) | 日記