2014年09月03日

UnityCoaster2 for OculusRift DK2


β版ですが、公開中です。
今回UnityCoasterの第二弾を作ろうと思ったきっかけは、DK2用のコースターに良いのがないという理由からですw(暴言)
すでにDK2対応のコースターアプリではHELIXやUE4RollerCoasterがあるんですが、どちらもやけに長く途中で疲れてしまうんですね。やはりOculusのコースターは2分以下がベストだと思いました。
海外製のコースターアプリも幾つか試してみたんですが、いきなり曲がったりグルグルと同じ所を上がっていったりと、酔わせるために作ってんのかと言いたくなるものばかりでした。その点やはりRiftCoasterは優秀だったのかもしれません。既存アプリにレール敷いただけの手抜きではありましたがw
Oculusで酔わないようにするには極力急カーブやローリングを無くし、移動を前後に限定することです。前に進む分にはいくら早くても問題ないと思います。
という考えからスピード感を感じられるコンテンツということで、UnityCoaster2を開発しました。
最初の発想として「都庁のあのタワーの間を超高速で抜けたら面白そうじゃね?」って言うのがあったので、都市を抜けるものにしました。後は音ですね。出来る限りスピードを感じる音を製作しました。あの音はオリジナルです。
最初に自分でやった時「これはヤバイw」と思いました。多分これはウケるとw。
ということで、Oculusのデモなどしたい方、ご自由に使ってもらって結構なのでご活用ください。
正式版は9月中には出せると思います。
posted by iworks2013 at 00:00| Comment(0) | oculus