2013年12月26日

俺的AKB48G楽曲大賞2013

私は秋元康Pの楽曲が好きなのでAKBもほぼ全て聴いています。
AKB48グループでは本年も膨大な数の楽曲が発売されましたが、個人的に良かったものを挙げる。

キリギリス人(ノースリーブス)
いーんじゃね?(ノースリーブス)
強い花(研究生)
夕陽マリー(大島チームK)
バラの果実(アンダーガールズ)
LOVE修行(研究生)
ハート・エレキ(AKB48)
清純フィロソフィー(峯岸チーム4)
恋するフォーチュンクッキー(AKB48)
キミが思ってるより(チームサプライズ)
With my soul(チームM)
僕らのユリイカ(NMB48)
この涙を君に捧ぐ(NO NAME)
ヒリヒリの花(NotYet)
次のピアス(NotYet)
美しい稲妻(SKE48)
Jane Doe(高橋みなみ)
制服アイデンティティー(渡辺麻友)

こんなところでしょうか。

大賞は「LOVE修行」です。
正直誰がセンターだとか全く知らないのですが、とにかく曲が良い。
切ない感じとポップな感じのハイテンポでの融合は見事です。
特にブリッジの気持ちよさは他の追随を許さない出来。
往年の森高千里っぽさを感じるのは気のせいか。

次点は「バラの果実」
一言で言うとかっこいい。
アイドルの楽曲として埋もれさせるのはもったいない。
個人的に曲中のセリフの演出はいらないと思う。


光った部分があった楽曲は以下。

「いーんじゃね?」
井上ヨシマサの楽曲で良かったのはこれだけだった気がする。ギターの気持ちよさはかなりのもの。

「清純フィロソフィー」
イントロで完全に掴まれる。

「次のピアス」
ずーっとCMでしつこくサビだけ流れていたが、フルで聞いたら想像以上に良曲で吹いた。

「この涙を君に捧ぐ」
最初はあまり印象に残らなかったが、何度か聴いてるうちに涙がでるほど良い曲であることに気づいた。


来年はシングルを減らして公演曲を優先して欲しいがビジネス的にありえないか。
(発表済みの新公演スケジュールは怒涛の遅延をすでに始めているww)
posted by iworks2013 at 00:48| Comment(0) | 雑談