2013年12月10日

アプリ第6弾「沈没作戦ゲーム」リリース

screen568x568.jpeg
すっかりブログに書くのを忘れていましたが、iOSアプリ第6弾の「沈没作戦ゲーム」を先週リリースしました。
これは1976年頃に今は亡きタカトクトイスが発売していた対戦型ボードゲームを無理やりアプリに移植したものです。
つまりコンセプトとしては、アスレチックボールや野球盤と同じでアナログゲームをアプリで再現すると言う共通のものです。
そろそろネタ的には打ち止め感がありますww

私は個人的に沈没作戦ゲームを持っていた訳ではなく、テレビなどで見て「面白そうだなー、欲しいなー」と思った程度でした。ルールもよくわかっていませんでした。ちなみに生き残り作戦ゲームはありましたw

この動画は「沈没ゲーム」です。作戦がついてません。作戦が付いているものは大型で、途中にピットフォールリングという落とし穴があります。本作はこちらを再現しました。作っている途中であまりに面倒で「作戦」を選んだことを後悔しましたw

技術的には特に大したことはしていないのですが、この複雑極まるリングの形状を再現するために1リングあたり60個近いBOXColliderを搭載しています。そのリングが9個あります。さらにスタート時のボールが24個ありますから膨大な計算量になっています。ですのでiPhone4レベルではまともに動作させるのは不可能ですw
また、リングの隙間が一直線に並んだ場合にボールがどんどん詰まっていくので、回転時の当たり判定がおかしな状態になったりします。場合によっては吹っ飛んでしまってLOSTしたり、一気にゴールしたりすることもあります。これはバグに近いのですが、面白いので対策してませんw実機でも似たような現象は起こるのではないかと考えています。
現在把握しているバグとしては、回転が永久に止まらなくなるというものがあります。回転ストップの判定がかなり複雑なのでちょっとあやしい動きになっているのが原因です。アップデートで1回転したら無条件にストップするような処理を入れる計画です。
さてこのアプリのDL数ですが、現在のところ進撃の茨城を抜いて最下位街道を爆進中ですww
さすがにマイナーすぎたかもしれませんなwww

現在、3D野球盤の通信対戦を実装中ですが、通信自体はわりとカンタンにできたのですがお互いの同期が死ぬほどめんどいwこのゲームはタイミング命なので同期は実は非常に重要です。PtoP対戦なのでサーバーが無いのですが、常にバッティングを行うほうがサーバーになるような処理を行っています。もうすぐ申請できそうなので、クリスマスには間に合いそうです。
posted by iworks2013 at 03:03| Comment(1) | App