2013年07月23日

タッチパネルというクセモノ

今はスマートフォン、タブレット全盛でタッチパネルが入力デバイスとして
当たり前になってきていますが、ことゲームに使うとなるとこれほどクソな
デバイスは無いのではといつも思っています。
押している感覚がわからない、いつの間にかボタン部分から指が離れている、
指がゲーム画面を隠してしまう(これが本当に最悪)などなど。

私は初代iPhoneからユーザーですが、あまりゲームはしません。
特にコンシューマ移植の格ゲーやアクションゲームはまず手を出さないです。
それは「タッチパネルの相性が最悪だから」これに尽きます。
(もちろんアドベンチャーやノベルゲー、RPG等はそんなに悪く無いと思います)

ハードウェア性能としてはかなりいいところまできているのに、この入力デバイス
のせいでゲームマシンとしての地位は著しく低い認識です。
なので私はゲームを作る場合、極限までシンプルな操作を追求している訳です。

しかし、ここに来て朗報があります。

「iPhoneが携帯ゲーム機に ―iOS7向けゲームコントローラーの標準ガイドが配布される」
http://ggsoku.com/2013/06/iphone-ios-game-controller/


これが事実だとしたら、VITAも3DSもかなりヤバイ。
私もコントローラーを使ったゲームを是非開発してみたいと思います。

あとは直結でなく無線コントローラーに対応してほしいですね。
画面とコントローラーが一体だと、操作している時に画面がブレるので
プレイしづらいんです。
PSPのグラディウスポータブルはこの辺の理由でクリアを諦めましたww



posted by iworks2013 at 17:36| Comment(0) | 雑談